「エクレール/お菓子放浪記」 ~ついに石巻へ!2011年10月08日 23時55分55秒

さる9月28日に石巻に向いました。
いつぞやの猛暑は過ぎ去ったものの、この日はやや残り香が漂う。
この日はなんとしても石巻に向う必要があったのです。
それは「エクレール/お菓子放浪記」の試写会が、石巻で初めて行われる日だから。

映画のロケ地は石巻がメイン。参加したエキストラの皆さんも石巻から多数。
今は消えてしまった光景も、フィルムに焼き付けられている。
石巻の皆さんにこそ、この映画を真っ先に見せるべきだったのです。

会場は石巻グランドホテル。駅前から東西に伸びる立町商店街から
1本通りをなかに入ったところにある、この辺りでは大きなホテルです。
外観はまだシートで見えない部分もあるものの、1Fのホールやカフェなどは
外の光景からは離れたもののように落着いている様に見えます。

ホテルというのは元来、現実からひととき、少し離れた夢に近い場を提供する、
そのように思えるけども、それは普段から行き慣れない一般人の感覚でしょうか。
ただ、ホテルの玄関から前の通りに一歩でるとほぼ目の前に仮設浴場がある。

ホテルのパーティホールで行われた試写会には多くの人が詰め掛け、
主演の吉井一肇君、原作者の西村滋先生もかけつけた。
この映画に寄せる想いがこの場に集まっているのを感じられました。

2月の終わりに電力ホールで観たときと違うのは、
会場からどよめきが起こるシーンの違いということ。
数ある石巻ロケのなかで多くの人達が参加したのは、
日和山公園で撮影されたのど自慢大会の場面。

スクリーンのなかの観客席が映った瞬間の、「あれが」「そこが」というどよめき。
ああ遂に石巻でという感慨がこみ上げて来ました。
あの瞬間こそ、我が子のような映画が帰ってきたときでした。

この上映は10月1日より始まるワーナーマイカル・シネマズ新石巻での
同映画の上映に際しての試写会という意味合いもありました。
石巻で上映することは他の地域でかけるよりも、大きな意味があります。

仙台などに住まいの方も可能なら石巻で見ていただきたいと思う。
11月下旬にはシネマ・リオーネ古川でも上映が決まっている。
それだけではない、被災地を巡回しての上映会計画も進行しています。
そのための資金も募っているので、是非多くの方のご協力を頂きたい。

ところでこの日も岡田劇場跡に行ってみました。
石巻に行くたびに中瀬には、ほぼ必ず立寄っていたのですが、
ほぼ一ヶ月ぶりのこの日は少し様子が違っていました。

北上川沿いの道に出ると直ぐに石ノ森萬画館が目に飛び込んできますが、
その周りの景色がなにか妙に空間が多い。
内海橋を渡ろうとその上に来ると、ようやく違和感の正体がわかりました。

岡田劇場跡の、半壊のまま残っていた隣の会社の建物も撤去され、
その区画全体が全て造成されて全くの人工的更地になっていたのでした。
ああ、これで本当に何も無くなってしまった。

5月に来たときで既に何もなかったわけですが、それでも木切れが散乱し、
7月に来たときにはコンクリの破片がまだ残っていた光景を思い出すと、
かろうじてであっても、それが生活の欠片として僅かな息遣いだったと、
想い出に繋がる手がかりだったのではないかと改めて感じます。

なくなったときの悲しみはしばらく経ってから実感すると言います。
形あるものが正真正銘なにも無くなった今、これからは本当に、
その姿は「想い出のなかにのみ」残ることになるのかもしれません。

しかし、「エクレール/お菓子放浪記」に岡田劇場の姿は確かに刻まれている。
何より劇場を想ってくれる人達の助けによって、新たな人生が始まっている。
そして、人々に映画を届けることがこれからも広がっていくはず。

映画によって繋がった幸運なめぐり合わせ、それがこれからの希望だと思います。
「想い出のなかに確かにある」のならば、その想い出を抱いていくことで、
僕らは前に進んでいくことができるのではないでしょうか。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crystallog.asablo.jp/blog/2011/10/08/6141580/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Loading