青森・弘前へ つちだま様2011年05月11日 23時47分24秒

もうこちらでは蛙の合唱が始まっていますね。
自然はお構いなしに営みを続けているのでしょうか。

青森の話をもちっとしますとね、観光地ではわりとよくあることですが、
街なかで奇妙なオブジェを唐突に見つけることがあります。

青森駅を降りると以前の記事のワ・ラッセやA-FACTORYや、
アスパムとか近代的な観光スポットがあるのですが、
青森市の駅前アーケード街はこんな感じで、そこに・・・。


土偶です。遮光器土偶です。

しかもこんな小さめに!
観光MAPに乗っているのにないぞー?と探し回ってたらこんなに小さいとは!


別の形の土偶もあります。板状土偶。
確かに付近に三内丸山遺跡もあるのでアピールするのでしょうけども、
(駅前の食堂のカウンター脇にも唐突に置かれていたりします。)
どうせならもう少し大きめにアピールしたほうがいいのでは。
ここが控えめな東北人の気質ですか?(←違うと思う。)
でも、小さいけど数は多めに置かれているのですね。

どちらの土偶が好きかといえば断然、遮光器土偶ですな。
なんといっても自分用の土偶レプリカを買ってしまってますから。
この土偶は亀ヶ岡遺跡出土だったはずですが。


ナゼか八甲田丸の中にもあるのでした。しかも二体。
これについて施設の方に聞いておけばよかったとも思いますが、
しかし、青函連絡船のことを聞きなさいよも思います。
古典的な円盤の上に乗っていてまさに宇宙人です。
アンテナまで付いてますし。

やっぱりこの遮光器土偶と言えば、宇宙人説が出てきますよねー。
昔、学研の学習の付録漫画だったと思いますが、
やはり宇宙人説に則って描かれてたのがあったと思います。
学研がいいのかいと思いますが、まあ、その辺は「ムー」ということで。

この土偶の正体は結局なんなのかわからないのがロマンではないでしょうか。
しかもデザイン的にも秀逸な美しさですしね。
むこうでは遮光器土偶の"シャコちゃん"と普通に呼んでいるようです。

さて、JRの木造駅ほど衝撃的な遮光器土偶はないと思います。
でかい!これは一度、絶対に行きたい!

経済まわす旅 青森・弘前へ 帆立づくし「柿源」2011年05月08日 23時23分14秒

青森で夕食をどこで食べようかと少々悩んでいました。
ホテルはサンルート青森だったのですが、
ネットで調べると、サンルートの地下にある「いず味」というお店が、
もっとも評判が良いようだったんですね。
ところが、サンルートに電話してみたところ、
いず味は震災で閉めておりまして・・・というお返事。
なんと・・・!宮城でもそういうお店が多いですが、こちらでも。


ではどこに行こうかと現地につくまで思案していたのですが、
地図を見ると「創業85年の郷土料理のお店」と書かれているのを見つけました。
青森駅からアーケードをまっすぐ東に向かったところ、
実際に行ってみると創業90年だそうです。
「柿源」さんというお店。




90年というと畏まってしまいますが、店内は無駄なく簡素な作り。
そこそこ良いお値段しますけど、お店の方も気さくな応対で
なんか格式ばらなくて良い感じです。

温まる気がする、生姜味噌のおでんです。
こちらの方では生姜味噌や柚子味噌など混ぜた味噌が普通の様で、
ホテルでもランチでも生姜味噌ばかり食べてました。


ほっけのつみれ汁の定食。
ほっけというと、いつも"ひらき"で食べるのが普通でした。
大きなつみれがゴロゴロ入っていて美味い!ポカポカ温まります。

大きなホタテは現在は流通しにくいとのことですが、
こちらのお店ではしっかりと出てきてくれました。
これは美味かったですよ~!!ぷりぷりで偽りなし。
正直ですね、ここまで来るまでのでは、
見本より小さいぞ・・・というのばかりだったので。




こちらがホタテづくし定食(竹)です。
ホタテのフライ、ホタテの刺身、ホタテの炊合せ。
(松)だとこれに塩辛と塩焼きがつくそうです。
この震災状況下で揃えるのも皆さん大変だと思います。
でも、できるだけ良いものを出したいという心遣いが伝わってきて、
味ももちろんのこと、ほっこりした気持ちになりました。

耳を傾けると和食と和風の内装ながら、昔の洋画音楽が流れています。
港町と言えば海から帰ってきた、渡ってきた人たちの娯楽の場として、
かつては映画館がある風景は珍しいものではなかったと思います。
これは親方の映画好みではないかと思いますが、そんな在りし日の、
港町の風情を今でも大切に思っているのではないでしょうか。

苦難を越えて、お店はそれぞれの道を進んでいきます。
それぞれ取り巻く状況と考え方があると思いますが、
良いお店はできるだけ続いて欲しいと誰もが願っていることは確かです。

経済まわそう! 青森・弘前へ 太宰治先生編2011年05月07日 23時39分49秒

ああ、そうか。青森には太宰治がいらしたんですね。
五所川原市にある生家は「斜陽館」という記念館になってますもの。
2009年には生誕100年を迎えたそんな太宰先生だから、
当然と言えば当然なのか、それともさらなるムーブメントを起こそうというのか。
とにもかくにも新青森駅では太宰先生を大プッシュしておりました。


新青森駅のお食事処では「太宰らうめんと津軽のめしや『めぇ』」。
魚介類のお店と黒石つゆ焼きそばのお店に混じって異彩を放っています。
店内は太宰先生のシルエットや原稿用紙などがデザインされ文学ムード。


けの汁、しじみ汁などの郷土料理風のメニューのほか、
太宰の朝めし・太宰の昼めし・太宰の晩酌の肴、と一日三食の、
太宰先生が好んだと言うメニューが目玉。

太宰先生が好んだという、ひきわり納豆と筋子のご飯の「太宰丼」。
なんだかねばりが凄そうな・・・。


で、頼んだのはやはり名前に惹かれた「太宰ラーメン」。
たけのこと昆布とネギでラーメンが埋め尽くされてる!
麺は平めんでわりと歯応えあり。喜多方より細くて若干柔らかな感覚。

わりと美味いこのラーメン、食べていると面白いのが、
どんぶりに文字がみえてくるのです。
スープは濃い目ですが、ぜひ飲んでいってみてください。
すると・・・。

出ました!どんぶりの底面に「人間失格」の文字が!
これを拝まなければ太宰ラーメンを食べたことになりません。
いや、拝まなくてもいいよってそう言わずにい。

なんて写真を撮っていると、お店のお嬢さんが、
「津軽と書かれたどんぶりもあるんですよ~。写真撮ります?」
と仰ってくれたので、ご好意に甘えて撮らせて頂きました(笑)。
ありがとうございます~!

太宰のめしシリーズにもある、ホタテの貝焼き。
青森の他のお店でも多いのですが、卵とじになっています。

お店では弁当も用意しているので、旅行から帰った夕食にしました。
はい、具を見て頂ければ、すばりこれは「太宰弁当」です。


これが太宰先生が好んだという「若おいのおにぎり」。
若おいは「若生」と書き、薄い1年昆布のこととあります。
本当に海苔の様に薄く、感触も昆布と言うより海苔に近い気がします。

冬季限定では地吹雪ラーメンなるものもあるそうな。
写真は地吹雪の如く真っ白で何も見えない!
いったいナニが入ってるの!
(知ってる人でも言わないでください。)

お土産コーナーにも太宰先生の密かな香り。
小説「津軽」の初版本をイメージした箱に詰められたクッキー。
その名も「津軽」です。
箱の見た目はまさに「本」で、ネタとしても洒落ています。

しかし、太宰先生土産では、やはりこれではないしょうか。
「生れて墨ませんべい」。おいおい。
こちらもネタ方向ですが、「津軽」より馬鹿らし方向です。
ネーミングはブラックですが、太宰先生がなんか愛嬌ありますな。

この他に、太宰先生の「如何せんいかせんべい」というのもあり、
駄洒落しかないのか!とつっこみたくもなりますが、
でもお土産のネーミングって案外それが多いですからね。

墨ませんべいはその通り、墨のごとく真っ黒な煎餅。
これが味も結構いけるのですよ。

どこまで太宰先生が好んだものかは実際わかりませんが、
新青森駅にいらした際は、ネタでもなんでもいかがでしょうか。
僕は好きですよ。こういう遊び心あるお店、お土産。
Loading