何が生まれる ~『若手映画作家育成プロジェクト2011』ndjc合評上映会 in仙台2012年03月22日 23時43分18秒

映像分野の多方面に関わる、映像産業振興機構 (VIPO/ヴィーポ)の
事業のひとつ、『若手映画作家育成プロジェクト2011』ndjc合評上映会が、
近日、3月26日(月)、仙台で初めて開催されます。

『若手映画作家育成プロジェクト』をざっくり説明すると、
その名の通り、映像の作り手として若手を育てる事業ということですが、
もう少し具体的な中身はいろいろと面白い。

資料によれば、若手作家達はまず、学校や映画祭団体等から推薦を受け、
そこから選考が行われ、十数人がワークショップに参加し、
さらに5人程度が最終的に制作実地研修に挑む。

選考には、数分の映像作品の制作などの課題を課せられるなどがあり、
また、数日間での短い制作作業、限られた予算など、
当たり前と言えば当たり前ですが、幾つもの制約のなかで
課題をクリアしていかねばならないとのこと。

最後の制作実地研修もまた同様に、制約のなかで作られるわけですが、
なかでも興味深いのは、35mmフィルムで撮影することが必須ということ。
そこには、このプロジェクトが、映像分野の熟練の大先輩達から
フィルム撮影により培った技を若手に継承させていきたい
という意図もこめられているようです。

多くの人が言われていますが、フィルム撮影はデジタル撮影よりも
簡単にやり直しがきかない、いわば一球入魂の心構えを常に要求されるもの。
一見すれば効率が悪い、今の世の中には逆行しているように思えますが、
しかしときに、「失敗しても大丈夫」と気持ちが緩みやすくなるものと、
「これを失敗はできない」という気持ちで挑まなければならないものと、
比べればどちらが何かを生み出せるかはおのずと見えるのではないでしょうか。
無論、技術的や表現的にも多くの違いが出てるでしょう。

先輩達から教えを受けて作るというのも、必然的にみえますが、
それも馴染みの仲間同士で作られやすい自主映画環境から、
仕事としてニーズに応え、制約に挑みあるいは掻い潜り、
ときに意見のぶつかり合いを経験し、映像の世界で
「生き抜く」ための精神を修養することにもなりそうです。

ndjc合評上映会は、そんななかで作り上げられた若手監督達の
血と汗の結晶たる作品を一般上映し、講評を行うというもの。
今回の上映作品は以下の5本、各30分。
リンク先より、作品画像や詳しい監督プロフィールが見られます。
なかでも個人的には、『ここにいる・・・』のスチールは目を惹くものがあります。

■ndjcホーム 合評上映会 仙台
http://www.vipo-ndjc.jp/project2011/monitar_detail.html#sendai
■映像産業振興機構(VIPO)
http://www.vipo.or.jp/ja/

--------------------------------------------------------------
『ここにいる・・・』 監督:七字幸久 
出演:蒼れいな、蒼あんな、井上肇、角南範子、太田美恵、澤山薫、河原健二

『あかり』 監督:谷本佳織
出演:七海薫子、古谷ちさ、東康平、まつむら眞弓、福本清三

『パーマネント ランド』 監督:中江和仁
出演:佐藤貢三、喜多道枝、春木みさよ、古川慎、森下能幸

『嘘々実実』 監督:藤澤浩和
出演:尾上寛之、小野健斗、久野雅弘、山﨑真実

『UTAGE』 監督:やましたつぼみ
出演:つみきみほ、奥瀬繁、小田部千夏、山田真歩、安井真理子、岡田達也
------------------------------------
入場無料
日時:3月26日(月) 17:45~入場受付
          18:15~21:15 上映・講評
場所:せんだいメディアテーク7F スタジオシアター
------------------------------------
新人の作品とはいえ、キャストには著名な俳優の名前も並ぶ。
いろいろな工夫と奮闘の成果がそこにも表れているのでしょう。

作品を鑑賞して講評を行うための上映会ですので、
当日は監督たちも来場してお話を聞けるとのこと。
前述のように選びに選び抜かれた監督達が、
多くの制約を受けながら(創作は、えてしてそうではある)、
必死の思いをぶつけたのならば、そこには何かが生まれる、
何かが生まれても不思議ではないかもしれません。

何が生まれて映像に焼きついたか、上映と講評の場から何が生まれるか。
とくに映画制作を志す人達や、映画の裏側に興味がある方は面白いかもしれません。


映像産業振興機構について恐縮ながら別件での補足をさせて頂くと、
一昨年から昨年にかけ「コ・フェスタPAO」というプロジェクトを行っています。
そのなかのひとつ「movie PAO」は久万真路監督、真利子哲也監督、黒崎博監督の
3人の若手監督それぞれによる中篇作品を制作したもの。

なかでも、真利子哲也監督の作品『NINIFUNI(ニニフニ)』は、
ももいろクローバーの本人役出演も話題になっている秀作。
3篇のなかの1篇という位置付けから、単独での公開が決まり
全国各地の劇場で順次上映、そして近日、3月24日から仙台での公開も始まる。
(こちらについてはまた後日の記事でご紹介させて頂きます。)

■『NINIFUNI』
http://ninifuni.net/

というようにいろいろと興味をひくプロジェクトを行っている映像産業振興機構。
仙台と近隣にお住まいの方は、3月26日の上映会をご覧になってみてはいかがでしょうか。

鉄猿参上! ~「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝/アイアン・モンキー」2012年03月13日 23時49分03秒

映画DVDの画質がハイビジョン放送の画質より劣ることによって、
デジタルテレビ放送で見た方が良いと考えられてしまい、
DVDの売上低下、さらなる価格低下が進んだと言われています。

かといってBDとDVDの交代が加速するかというとそうでもなく、
まだまだBDは出さずにDVDのみ発売という状況は続くようです。
やはりまだ、BD再生機が無い家庭というのも珍しくないからでしょうか。

その、かける予算と市場規模云々のせめぎ合いのおかげ?か、
過去にDVD化済の作品の再発売は、実にお手頃であったりもします。
かつて見たあの作品の現在をたまにAmazonで調べているのですが、
今回はそのような1本を即購入してしまいました。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝/アイアン・モンキー デジタル・リマスター版 [DVD]
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝/アイアン・モンキー デジタル・リマスター版 [DVD]


この作品に出会ったのは僕が映画にはまる数年前、
大学に入学して間もない頃のこと。
友人から「なんだかヘンだけどスゴイ映画があるぞ」と、
友人宅でのVHS鑑賞会に誘われたことがそもそもの始まり。

確かに凄かった。主演のドニー・イェンも監督のユエン・ウーピンも、
鉄猿のユー・ロングァンも知らなかったけれども、
香港映画といえばジャッキー・チェンとブルース・リーしか
知らなかった自分にとっては衝撃だった。

もっとも、主演格の鉄猿の「鉄猿参上!」と画面奥に、
ズームもなんの見得も無く降下する登場場面が
一番の衝撃というか笑撃で頭に焼きついたのですが。


「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」のことも
リー・リンチェイという凄い奴がいることも後から知りました。
知った時は既にリンチェイは、海を渡りジェット・リーとして
活躍の場を拡げ始めていたのでありました。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」
「昔々、中国のあるところで・・・」というような意味の英語題名のこの作品は、
中国は清朝末期に実在した武術家・黄飛鴻(ウォン・フェイフォン)の
活躍を描く娯楽活劇で、テレビシリーズも併せて息が長い。
なお、原題はずばり「黄飛鴻」。

「香港のスピルバーグ」とも呼ばれるツイ・ハークが監督または製作、
リー・リンチェイ主演の「天地黎明」「天地大乱」「天地争覇」の
初期三部作がとりわけ超人的アクションで強烈な印象を残す。
実際、VHS時代には「極東ハリウッドシリーズ」という、
真面目ともおふざけともとれるたいそうなロゴが巻頭に挿入されたりもした。


本作は原題に「少年黄飛鴻」と付く通り、黄飛鴻は少年として登場し、
かつ主役ではありません(それでも存分に活躍しています)。
代わって黄飛鴻の父、黄麒英(ウォン・ケイイン)が登場、
これまた実在したという義賊・鉄猿とW主人公という具合です。

清朝末期、ある街で悪政を働く役人から盗んだ金を貧しい人々に分ける、
義賊・鉄猿を捕らえるため、役人達は闇雲に人々を連行し始める。
その人々の中には、医者として各地を回っていた黄麒英と息子・黄飛鴻も。
そこへ現れた鉄猿と黄麒英が一戦交えると、役人は黄飛鴻を人質にして、
黄麒英に鉄猿を捕らえて来るように命じる。
しかし、鉄猿の正体は街の人々から信頼の厚い医者・ヤン先生だった。
やがて固い信頼で結ばれた二人は協力し、政府から派遣された監督官にして、
少林寺の裏切り者・ハンホン和尚と刺客達に立向かっていく。

「天地争覇」後の作品は回を追うごとにアヤしくなっていった気がしますが、
そのなかでこの「アイアン・モンキー」は秀逸にして傑作、
見方によっては本編よりも楽しめる秀作と言えるかもしれません。


「天地黎明」から「天地争覇」までは活劇でありながらも、
孫文や西太后、当時の諸外国勢力等々、歴史上の人物や出来事も多く
織り交ぜられ現実に照らし、ドラマに重きも置いた面も見られますが、
「アイアン・モンキー」はその制約(?)から大胆に解き放たれ、
ドラマはほぼ勧善懲悪の定番、次々に繰り出される華麗・超絶・
豪快・驚愕、およそ考えられる全ての賛辞を捧げるべきアクションに
我々はただただ魅入られ、驚嘆すれば良い作品となっています。

物語は単純、それだけに黄麒英と鉄猿の高潔さと温かな人柄と、
撃ち砕くべき規格外の悪と、両者の力と技が際立っています。
本作以前に「ドランクモンキー/酔拳」を監督し、
後に「マトリックス」の武術指導を担当するユエン・ウーピンは
今回細かいカットを重ね、アクションの長回しは少ないものの、
カットの繋ぎそのものがアクションを華麗に演出。
千切れる鎖、砕け飛ぶ煉瓦、燃え広がる炎すらも美しい。
黄麒英&鉄猿VSハンホン和尚の火の海の柱の上での
空中最終決戦は、これでもかまだくるかとこちらの拳も熱くなる。

物語が単純とは言いつつ、視野を他作品に広げれば、
少年黄飛鴻が鉄猿から棒術の指導を受けて才能を開花させるくだりなど、
後の時代の黄飛鴻のそれに連なるのは勿論のこと、
少年黄飛鴻を演じるツァン・シーマンがジェット・リーになったわけでも
ないにも関わらず、ジェット・リーが他作品でも披露する
棒術の絶技に受継がれてる様な錯覚に囚われ心地よき眩暈が襲ってくる。

黄麒英はもちろん父ですから、黄飛鴻とは別人なのですが、
敢えてリー・リンチェイと比べるとドニー・イェンの方が
端正な顔立ちで美形度が上のため、流麗に映っている様に思えます。
とはいえ同年、リー・リンチェイと組んでユエン・ウーピンは
「マスター・オブ・リアル・カンフー 大地無限」を制作、
こちらも流麗なる太極拳を繰出すリー・リンチェイがおり、
やはり当時の鮮やかな演出の賜物だったのかもしれません。

様々な武器や小物もあますとこなく意味を持って描かれていますが、
黄麒英とヤン先生が料理の腕を互いに披露しあうところもまた、
料理が美味そうで鮮やかな手付きで食欲がわいて来ます。
アクション以外のこんな場面でも美味い、いや上手い。
僕の好きな評論家がジョニー・トー作品の食事場面で食欲がわくと
仰っていましたが、それと似たような感覚だと思います。


どんなに気に入っても、一度見て棚のオブジェになるDVDも多いなか、
見始めるとついつい見てしまっている「アイアンモンキー」。
出会った時にはわからなかったことと結びながら、
今また出会っての新鮮な驚きを感じています。

二度目の年明け2012年03月11日 23時11分33秒

昨日は、震災関連イベントに行き、震災関連の本を買いました。
でも、帰りにケーキセットを食べました。

今日は、14時46分には会社で仕事中。
手を止めることができない仕事ではありましたが、
ひっそりと黙祷をしました。
昨年の今日に食べそびれた昼食はしっかりとれました。

今日は、1年を経過したことをかみ締め、
両親のもとへ早くとにかく早く帰ろうと過ごしていました。
冷たい雪が甦った様に降っていましたが信号は点いていました。

今日は、この文章を打っているときは、
電気も通じており、お茶も飲めるし、ヒーターも点いています。
でも、敢えてお風呂に入りません。

今日は、この一年で出会った人たちを思い出し感謝しています。
でも、昨日届いた映画のDVDを観て笑いました。


今年は自分の心の中で、年明けが二度あったように思えます。
今日はまた、年明けのような気がしました。

明日は、また。
Loading