南三陸町戸倉 「波伝谷に生きる人びと」 上映会その12011年12月03日 23時28分46秒

風強く吹き荒れる12月3日、4日、僕は南三陸町にいました。
ここは、宮城県本吉郡南三陸町戸倉波伝谷(はでんや)。

普通の人にはほとんど知られてはいないと思われるこの小さな漁村は、
(僕がここを知ったのはつい2ヶ月程前で、その漢字を見たとき、
「これは何と読むんだ?」と思ったくらいでした。)
仙台市内からは国道45号を多賀城、塩釜、松島、東松島、石巻を過ぎ、
気仙沼に向って北上を続け、志津川湾に出たところで、
神割崎方面に向う道に分かれて、志津川湾の南側の海岸線沿い、
志津川自然の家の西方にありました。


いまのところ、僕はそういう地理的なこと以外は詳しくは説明できない。
「ありました」という通り、現在は以前の姿では無くなっているのです。

東日本大震災の津波によって壊滅的被害を被った町や村を、
たとえ99%の家屋が全壊していても「消えた」というのは躊躇いがある。
暮しを営んでいた人々はそこにその周りにいるのですから。

現在、約200人の波伝谷の人達は近くの山の上に建てられた仮設住宅と
その近辺に分かれて生活をし、村の再生を目指しています。
あの直後はおそらく残っていたかもしれない破壊された家屋はもうなく、
家の土台だけが残り、破片も砂にのまれようとしています。
どこでもそうですが、海岸に詰まれた土嚢の壁を見るたびに、
こんなもので役に立つのだろうかという思いが湧き上がってくる。

近くの交通手段だった電車も気仙沼線・陸前戸倉駅が壊滅、
国道45号線には仮設コンビニがあるものの店舗被害も大きく、
石巻方面は途中で寸断され、桃生へ迂回せざるを得ない。
やはり小さなところのためか、まだ先はわからないようです。

震災前のこの村については、多賀城市にある
東北歴史博物館にアーカイブとして保存されている、
同館と東北学院大学文学部民俗学政岡ゼミナールが編集した
2008年刊行の民俗学調査報告書、
「波伝谷の民俗-宮城県南三陸沿岸の村落における暮らしの諸相-」が詳しい。

210ページの全ページPDF化された報告書全文がWEBで読めるので、
ご興味のある方は是非読んで頂けれたらと思う。

■東北歴史博物館
http://www.thm.pref.miyagi.jp/index.html


さて、僕が波伝谷のことを知るに至ったいきさつは、
その報告書を作成するにあたり現地で調査を続けた、
先の民俗学ゼミの学生の一人だったある男がきっかけでした。

その人の名前は我妻和樹。
彼は民俗学ゼミの学生として他の学生達とともに波伝谷に入り込み、
当時は年中行事の獅子舞などを調査していたということですが、
それを通じて波伝谷の人々とその社会に興味を抱いていく。

僕は民俗学については学生時代に単位稼ぎに齧った程度で、
教室での講義を受けたのみですが、この学問は現地に入り込んで、
地域に密着して調べていくということをそこで聞いていました。

話を我妻氏のことに戻します。彼にはもうひとつの一面がありました。
映像表現に興味を持っていたことです。
そこから彼は、学校を卒業後、アルバイトをしながら資金を作り、
波伝谷の人々と社会を撮影したドキュメンタリー映画を作りはじめます。

彼の用意した手元の資料では4年前からということです。
その間、ずっと現地に通い、ときには泊り込み、
現地の人々と信頼関係を築き、そしてカメラを回し続けました。
意図したものではないにしろ、今ではその映像は、
震災前の波伝谷をとらえた貴重なものとなっています。

そして彼はそれらをいよいよ形にまとめあげることに挑みました。
まずは、三章構成の作品を完成させること。
そして、波伝谷のアルバムも写真も残せなかった人にとっては、
数少ないものとなるこの映像を恩返しとする意味もこめ、
現地での試写会を開催することを決めました。

実は、このブログで紹介した11月13日の右岸の羊座での上映会は、
この現地試写会を運営するスタッフに向けた上映会だったのです。

13日にはこの現地上映会を成功させるために集まった、
学生と震災後に現地で活動したボランティアの方々が参加しました。
そして現地上映会には、他のボランティアの方々も、
この上映会のために再び続々と集まって来たのです。

僕はある縁で我妻氏に呼びかけられ、
上映委員会にスタッフとして参加させて頂きました。
その上映会の模様は次の記事でお届けします。

そして、12月24日にもまた上映会が開かれるのです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crystallog.asablo.jp/blog/2011/12/03/6242276/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Loading