映画と想い出はCafeとともに・・・2011年12月01日 23時56分57秒

人に薦められて、「世界一の映画館と日本一のフランス料理店を
山形県酒田につくった男はなぜ忘れ去られたのか」という本を読みました。

世界一と淀川長治先生が称賛した映画館"グリーンハウス"と、
作家で食通の開高健らが絶賛したフランス料理店"ル・ポットフー"を作った、
佐藤久一という人物の生涯をときには情を籠めて記した本です。

佐藤久一その人に惚れこんで行き、それを取り巻く著名人に驚嘆しつつ、
最も多く訪れる大切な"普通の人々"が映画館と料理店に向けていた、
恋に落ちたまなざしが感じられる、そんなところが良い本だと思います。


その本については別の時間を設けるとして、その様なお店は僕にもありました。
ル・ポットフーとは比べようもない小さなお店ですが。

仙台市青葉区の中心部から少し外れた狭い通りに、
ミニシアター系映画館「フォーラム仙台(旧:仙台フォーラム)」があります。
シネコンよりも多数のラインナップを上映する関係で、
自然とそこに通う回数も増えたわけですが、もうひとつ。

直ぐ目の前にお気に入りのカフェがあったのです。
お店の名は「ni vu ni CONNU cafe」。フランス語で"ひっそりと"らしい。


フランスの素朴な家庭料理をつくってくれる、5組も座れば満席の小さなお店。
程よい華やぎの音楽が流れ、年季がむしろアートを感じさせる内装、
窓辺の一輪挿しの細やかな遊び、時折軋む木の床板。
そう言えば、あの入り口のドアはやや立て付けが悪く、
木の床に削れた後が弧を描いていました。

夜になれば毎日、橙色の電飾の、ほんのりと小さな灯りがつき、
遠くから見るそれは何か少し、夢に続く世界の様に見えたものです。

いや、夢に続くというよりも、映画を見た後の夢の余韻をしばしの間、
ゆっくり戯れ、自分に馴染ませていく"夢のしめくくり"だったかもしれません。

そして、その世界の支配人であり役者でもあった、
お店を切り盛りする麗しの方々もいらしたのでした。

このお店は、仙台のカフェの中で最初に足を踏み入れたお店でした。
そのきっかけは、映画とのコラボメニューを期間限定で出していたから。
隣のフォーラム仙台(以前は「仙台フォーラム」)で上映する映画、
それにちなんだ特別メニューを、時折出していることを知り、
半券を持って訪ねたのがそれからの始まりでした。

最初はジム・ジャームッシュ監督の「ブロークン・フラワーズ」。
メニューは確かサンドイッチとサラダ、ドリンク。
よく覚えているのは、最初からフォークに刺さった、丸くカットした3つのキャロット。

「これは映画の中に出てきた、ドン(ビル・マーレイ)の食べ方ですよ」

その解説を聞いて、直感的にこのお店が好きになってしまった。

以来、フォーラムで映画を見てはよく通うようになり、
とくに、映画コラボメニューはなんでも注文しました。



「PARIS(パリ)」「ダージリン急行」「地下鉄のザジ」・・・
なかでも「インランド・エンパイア」のチェリーパイは格別。
他のお店でもコラボメニューはありましたが、とくにこのお店の、
その国と映画の空気感も捉える様なところが好きでした。


通常のメニューも家庭料理という通り、ほっとする味わいで、
チーズがとろけるクロックムッシュなどの他、
好んでよく食べたのは、子羊のクスクス。

薄味のポトフの様なスープに、小麦の小さな粒子を入れながら食べるもので、
香辛料を入れると香りが一気に引き立つのが好きでした。
子羊の肉の他、人参と豆、それから茄子が入り、
季節によって茄子が蕪に変わるのがまた凝っていたものです。
この温かなクスクスのイメージも焼き付いているためか、
なぜか外が寒い日の温まる思い出の方がよく覚えてる。

冒頭の本に、フランスでの食事について、単なる栄養補給ではなく、
楽しむこと過ごすことと一体に考えていくという内容が出てくる。
そんな、巷のオシャレなカフェとは何かが根本から違うお店でした。
そこに地続きの、"空間"と"時間"があったと思います。

その後、「Patisserie cafe Cadette」と店名を変え、
テイクアウトのフランスお菓子に重きをうつしながらも、
映画館を出ればそこに"あのお店"があるのは変わりませんでした。

思い出を語るように書いているのは、このお店が今は無くなったということです。
先日、久し振りにフォーラム仙台に映画を観に行くと、
駐車場の向こうに見えたお店は、どうみても別のお店になっていました。
店名が変わっただけなのかフォーラムで聞いてみると、
今度はお店の方も全く違う、本当に別のお店になったとのこと。

ああ・・・そうか。

今あるお店はフランス雑貨のお店と、カフェもやっているそうで、
そこにはまだ入ってはいないため、あまり寂しがっては悪いのですが、
やはり約10年そこにあったお店が無くなったのは大きな変化です。

そもそも僕にとっては映画は、"映画を見ること"だけはなく、
"映画に行くこと"でもあり、その中には映画を鑑賞する前後に、
お気に入りのお店に行くこともまた一体になっている。
観に行く前でも、観に行った後でも、そこに立寄れば、
映画を膨らませ抱きとめるようになる大事な場所だったのでした。

つまりは、僕は映画とともに「ni vu ni CONNU cafe」と
「Patisserie cafe Cadette」のファンであり、
冒頭の酒田の人達の様にある意味、恋をしていたわけです。
まあそれで、過去にこのブログで何回も紹介しているわけですから。

フォーラムの方によれば、移転するかもしれないと言っていたとのこと。
もしそうならまた、仙台の街のどこかで再会したい。
昔この時期に予約した「Cadette」のケーキを思い出しながら、
きっとまた、ひっそりとそこにあるお店を思い描き・・・。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crystallog.asablo.jp/blog/2011/12/01/6228168/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Loading