新たな宇宙を拓くか 「仮面ライダーフォーゼ」2011年07月01日 23時11分24秒

仮面ライダーの新作が発表される時期になりましたねー。
その名も「仮面ライダーフォーゼ」。

近年、何をテーマやモチーフにするのか?ということを
戦隊シリーズと仮面ライダーの代替わり時期に談義するのがブームになっており、
半年前ぐらいまでに何がブームになっていたのか?とか

玩具にすると何が受けるのか?と企画会議の様な様相になることもしばしば。
カード、USBメモリ、メダルときて、次の玩具はなんだろう?とか。

そんな我々の素人会議をよそに決定した新仮面ライダーのテーマは
「学園モノ」と「宇宙モノ」なんだそうで、なんで宇宙かというとまさか、
ガガーリンが宇宙に行ってから50年、で来るとは思いもよりませんでしたな。

そもそも仮面ライダーが宇宙に、というのが記憶の彼方になっています。
え?過去にいたかって?
もちろん、惑星開発用改造人間である「仮面ライダースーパー1」を忘れてはなりません。

昔は宇宙開発や宇宙人という言葉だけでミステリアスな雰囲気を放ち、
不安と期待を胸に未知の海への航海のように空想を巡らせた、
昭和特撮の王道だったと思いますが、今の子供達にどんな宇宙を拓くのか。
現代人の宇宙への関心は40数年前と比べていかほどのものなのだろうか。


今回なんといっても奇抜なのは「フォーゼ」のそのシルエットでしょう。
ロケット型の菱形っぽい頭部にご丁寧にも翼状のパーツがついており、
辛うじて触覚風アンテナらしきものはあるものの、
「仮面ライダーです」といわれれば「ああそうかもね」なデザイン。
これは、冒険だ・・・。

ツノと口があればガンダムだ、なんて言われて極限まで他の要素を排除した、
SDガンダムシリーズやGガンダムのノリを想起してしまう。

球形頭部に触覚型アンテナというシルエットから大きく外れたデザイン、
これも過去になかったわけではありません。
「ブレイド」などはその当時かなり異質さを醸していたものでした。

もともと仮面ライダーは異形の者だったわけですが、
そのなかでも今回はとりわけ異形になった様に思えます。
それでいて、路線は爽やか学園ドラマを目指すらしい・・・。
いやはやあらゆる意味で楽しみ過ぎる仮面ライダーです。

宇宙空間での戦闘がメインなのか、月面や火星でも戦うかわかりませんが、
アグレッシブなチャレンジ(よくわからんで使っている)を試みたにも関わらず、
予算不足でチープになっていかない様にひとつ、入魂をお願いします。
ところで近年力をいれてるファッションは、学園制服モノで大丈夫かな?

9月4日より放送開始予定。
そうか、「オーズ」も残すところ10回を切っているのか・・・。
Loading