想いは空へ向って ~「地上より愛を I.F.O」2011年06月04日 23時26分30秒

さてそれではこちらの企画も復活させましょう。
世の中に埋もれたVHSビデオを掘り返す、
良いことなのかほっておいた方が良いのかわからない、
ただ、映画への偏愛を籠めて進めるのみ。

しかし、遂にVHSを大量に置いているお店も閉店し震災も重なり、
この企画も手持ちのVHS以外に範囲を広げることはまずないでしょう。

さて、今日の作品はハートフル・ジュヴィナルSF
「地上より愛を I.F.O」についてのこと。

原題 :IDENTIFIED FLYING OBJECT.
制作国:アメリカ
1987年 85分 日本未公開

監督:ウーリー・ロメル 
出演:ケリー・ジェーファー 
    キム・キンケイド 
    ポール・ロウ

高校生マックスはローカル飛行場のアルバイトをしていた。
滑走路の一角に警戒厳重な格納庫があった。"一体なんの為?"
マックスはセキュリティコードを盗み出し格納庫に潜入した。
そこでは人工頭脳を持ったミニ・ヘリコプターの極秘実験が
行われていた。ミニ・ヘリコプターはレーザー銃を持ち、自己
判断でターゲットを攻撃できるものだったのだ。そして、感情
さえ持ち始めていた。しかも、人間に対する憎しみを・・・・・・
ヘリコプターが感情を持つという奇抜なアイデアの「地上より
愛を I.F.O」。監督は「死霊の鏡 ブギーマン」等のホラーの
才人ウィリー・ロメル。今回、初めてのラブ・ファンタジーに
挑戦している。マックス役のテリー・ジェイファーは5千人の
中から選ばれた新人子役である。

<以上、VHSパッケージ裏面の記述より>

「I.F.O」とはなんぞや?と思うでしょうけども、
原題の単語の頭文字の略ですね。なぜそうしたのかは分かりません。
ただ、意味は「飛行物体との心の交流」とでも言うべきでしょうか。

そして「地上より愛を」、地上はやはりというか「ここ」と読むそうです。
でも1953年の「地上より永遠に」から取ったということは考えにくく、
むしろ、1984年の「スターマン/愛・宇宙はるかに」などの、
なんとなくのイメージからつけられたものではないかと推測します。

しかし、そのなんとなくハートフルでしっとりした神秘性のある響きも、
パッケージ裏面で「死霊」という単語をもちだし、監督の過去を
ばらしてしまえばみもふたもないことだと思いますし、
フィルモグラフィのなかではやはり異彩を放っています。

サム・ライミなど引き合いに出すまでもなく、妙な仕事を映画界がさせるのか、
はたまたホラーばかりじゃないのだよそれは腰掛よという野心の表れなのか、
一作ぐらい子供に胸張って見せられるもの作りたいよな、
ということなのか想像するだけ想像しておいて次に行きましょう。
とりあえず、ウーリー・ロメルのこれ以後の方向性はまた戻っていった様です。

さて、そんな本作の中身ですが、前述のストーリー紹介では
なんともホラー的な殺人マシーンのご登場をねがうかのような記述ですが、
実際のモノ、ミニ・ヘリコプターの「レム」はまるで違います。
感情を持ったレムは、研究者達から思わぬ副産物として抹殺されかけていました。
レムが人間に対して敵意を見せたのは、あくまで、その研究者にのみ。
すなわち、自分に危害を加えられるから身を守るための攻撃です。

その攻撃手段にしても、ただレーザー光線で焼き尽くすのではありません。
照射した相手の感情などに作用する特殊なレーザーを放つのです。
このレーザーによって研究者達はあたまが少し影響を受けてしまいます。
だからレムが感情を持つことを研究者たちは危険視したのです。


むしろお話は、壊されるのを待つレムを救出して格納庫から連れ出した主人公との、
温かい交流を育む様子を追っていくハートウォーミングな展開すらあります。

80年代のアメリカ映画で描かれたロボット達と言えば、
「ターミネーター」の半分人間の様なロボットの殺人マシーンや、
「ブレードランナー」の様な感情面でも人間に迫るアンドロイド達、
その一方で、「ショートサーキット」「ニューヨーク東8番街の奇跡」など、
小型で愛嬌のある、人間のトモダチの様なロボットもいたものでした。

本作のヘリコプター・レムも、そのような"ともだち"の一人と言って良いです。
ヘリコプターの全部に搭載された二つのレンズが目玉の様に動くのは、
まさにそんな表現の現われに他なりません。

コンピュータオタクの主人公のマックス少年の両親は離婚しかけており、
家庭内の問題に悩まされ、もやもやとした学生生活を過ごしていたところ、
レムに出会い、全てが丸く収まる方向へ回っていきます。
レムの戦意を喪失させる感情制御レーザーで
両親の不仲も万事解決させてしまうのでした。

外を飛び回る自由を得たレムに自分の想いを重ねたマックス少年。
二人の間には友情のようなものが芽生え始め、というところで!
もっと飛び回りたいレムはマックスから離れて方々でトラブルを起こし、
開発者の手で格納庫の主電源を切られ、帰還途中にパワー不足で失速、
ついに空軍によって回収されてしまいます。

ピンチに陥るレムとマックス。あわやレムは解体されてしまうのでしょうか。
と、思いきや軍はレムの予想外の進化を評価し意外とあっさりハッピーエンド。
レムとは分かれることになるものの、この一件を通じてラストは、
マックス少年がひとつ成長した様子を漂わせる感で清々しく幕を閉じるのでした。

たぶん、ラストはハッピーエンドにもっていかなければならなかったと思いますが、
その後の時代の「Xファイル」などの洗礼を受けた僕には、
そう簡単にはこの後ハッピーな結末にはあまり思えないのですよ。


この作品で特徴と言えば、空撮浮遊映像がかなり多いこと。
気持ちよく飛び回るレムの視点から見たアメリカの風景と、
マックス少年のどこかへ飛んで行きたいという表情に重ねて挿入されます。
このあたり、もっと丁寧にやっていればと想うのですが、
後者はかなり不思議な映像というだけで終わっているように想うのでした。

85分という尺は恐怖に慣れるか慣れないかのホラー映画には適した尺ですが、
人間ドラマに重きをおく本作には少し短い尺で、もう一山必要だったように思うのです。
マックスとガールフレンドや、マックスと警備員の関係、空軍たちも希薄であり、
例えば前述の「ニューヨーク東8番街の奇跡」などはヘンテコ住人たちも魅力でした。
面白いのはレーザーを照射されて奇天烈なことを口走る開発者の二人。
あれが台本のないアドリブなら結構なものです。
レムの存在は目をひくものですし、この様に惜しい作品は山の様にあります。
こんな作品があったね、といつか語る日が来ることを。
ところで、レムの名前の由来は、スタニスワフ・レムなのでしょうか?
Loading