本を贈る2011年05月14日 23時50分33秒

被災地の避難所に漫画本や小説を送るプロジェクトに参加することにし、
所有の漫画をダンボールに纏めました。総数3箱。

世間的に言えば、所謂、僕は収集癖のある方だったのですが、
この震災でそれらが崩れ果てた部屋の状況をみたときから、
食べ物や電池やロウソクを家中からかき集めたときから、
"これだけ集めても今は何の役にもたたない"と感じ、
その病から解き放たれるような感覚になりました。

ただ、震災から時間が経ってきて余裕もストレスもでてくると、
やはり本は食べるために必要かはわからないけども、
"生きていくため"には必要なものだと再認識するようになってきます。

考えは戻ってはきたものの、僕自身はもう収集癖が薄れたため、
手放すことに関しては以前ほどの抵抗はなくなりました。
絶版本などは歴史として保管する使命を感じて持っていますけども。

そんなわけもあって、今回の支援のために本を提供することに。
あるいは、こういうときのために取っておく運命だったのかもしれません。

また自分で読みたくなったら買いなおせば良いのです。
別に初版本などに拘りませんし、コミックレンタルでも良いです。
自分の心の本棚に残れば良いと思います。


心がけたのは、要らない本を整理するのではなく、
まず、読んだら元気や希望が出てくる様な本を"選ぶ"こと。
次に、ストーリー漫画は全巻揃えて提供すること。抜けは無し。

ドラゴンボール全巻などを提供しましたが、
やっぱりドラえもんも贈りたい!と思い立って買いに行きました。
自分が持っているドラえもんは全巻あるけれども、
表紙はボロボロどころか背から真っ二つに分断されているのもあるので。

どう受取るかは、読んだ個人個人の事情が違うので、
実際に読んでもらうまでは正直わかりません。
でも、少なくとも僕自身は読んで心に感じるものを贈りました。

これらの本がほんの僅かでも、受取った皆様の、
前に進めるきっかけになることを願っています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crystallog.asablo.jp/blog/2011/05/14/5866171/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Loading