経済まわそう! 青森・弘前へ 太宰治先生編2011年05月07日 23時39分49秒

ああ、そうか。青森には太宰治がいらしたんですね。
五所川原市にある生家は「斜陽館」という記念館になってますもの。
2009年には生誕100年を迎えたそんな太宰先生だから、
当然と言えば当然なのか、それともさらなるムーブメントを起こそうというのか。
とにもかくにも新青森駅では太宰先生を大プッシュしておりました。


新青森駅のお食事処では「太宰らうめんと津軽のめしや『めぇ』」。
魚介類のお店と黒石つゆ焼きそばのお店に混じって異彩を放っています。
店内は太宰先生のシルエットや原稿用紙などがデザインされ文学ムード。


けの汁、しじみ汁などの郷土料理風のメニューのほか、
太宰の朝めし・太宰の昼めし・太宰の晩酌の肴、と一日三食の、
太宰先生が好んだと言うメニューが目玉。

太宰先生が好んだという、ひきわり納豆と筋子のご飯の「太宰丼」。
なんだかねばりが凄そうな・・・。


で、頼んだのはやはり名前に惹かれた「太宰ラーメン」。
たけのこと昆布とネギでラーメンが埋め尽くされてる!
麺は平めんでわりと歯応えあり。喜多方より細くて若干柔らかな感覚。

わりと美味いこのラーメン、食べていると面白いのが、
どんぶりに文字がみえてくるのです。
スープは濃い目ですが、ぜひ飲んでいってみてください。
すると・・・。

出ました!どんぶりの底面に「人間失格」の文字が!
これを拝まなければ太宰ラーメンを食べたことになりません。
いや、拝まなくてもいいよってそう言わずにい。

なんて写真を撮っていると、お店のお嬢さんが、
「津軽と書かれたどんぶりもあるんですよ~。写真撮ります?」
と仰ってくれたので、ご好意に甘えて撮らせて頂きました(笑)。
ありがとうございます~!

太宰のめしシリーズにもある、ホタテの貝焼き。
青森の他のお店でも多いのですが、卵とじになっています。

お店では弁当も用意しているので、旅行から帰った夕食にしました。
はい、具を見て頂ければ、すばりこれは「太宰弁当」です。


これが太宰先生が好んだという「若おいのおにぎり」。
若おいは「若生」と書き、薄い1年昆布のこととあります。
本当に海苔の様に薄く、感触も昆布と言うより海苔に近い気がします。

冬季限定では地吹雪ラーメンなるものもあるそうな。
写真は地吹雪の如く真っ白で何も見えない!
いったいナニが入ってるの!
(知ってる人でも言わないでください。)

お土産コーナーにも太宰先生の密かな香り。
小説「津軽」の初版本をイメージした箱に詰められたクッキー。
その名も「津軽」です。
箱の見た目はまさに「本」で、ネタとしても洒落ています。

しかし、太宰先生土産では、やはりこれではないしょうか。
「生れて墨ませんべい」。おいおい。
こちらもネタ方向ですが、「津軽」より馬鹿らし方向です。
ネーミングはブラックですが、太宰先生がなんか愛嬌ありますな。

この他に、太宰先生の「如何せんいかせんべい」というのもあり、
駄洒落しかないのか!とつっこみたくもなりますが、
でもお土産のネーミングって案外それが多いですからね。

墨ませんべいはその通り、墨のごとく真っ黒な煎餅。
これが味も結構いけるのですよ。

どこまで太宰先生が好んだものかは実際わかりませんが、
新青森駅にいらした際は、ネタでもなんでもいかがでしょうか。
僕は好きですよ。こういう遊び心あるお店、お土産。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crystallog.asablo.jp/blog/2011/05/07/5854744/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Loading