青森県から復興たのむぞ! 青森・弘前へ め~ど~!編2011年05月06日 23時55分28秒

新青森駅のお土産コーナーに限らず仙台駅でもなのですが、
はやぶさ新幹線関連のお土産は数多く売られています。
これは、はやぶさのながーいボディの中に
ロングなバームクーヘンが入っています。

その他にも、はやぶさ弁当、はやぶさストラップ、はやぶさバッジ等々。
弁当やお菓子の類でほぼ共通しているのは、食べ終わった後、
はやぶさを象ったケースを残すことも楽しみになっていることですね。

おばちゃんたちが賑やかに焼いていた「嶽(たけ)きみドーナッツ」。
「嶽きみ」とは岩木山麓で採れるトウモロコシなのだそうで、
甘くてこくのあるドーナッツが揚げたてで頂けます。

青森県西津軽郡鰺ヶ沢町にいる「わさお」も応援。
小物入れ、ストラップ、カレーなどなど人気です。


それとはまた別に、ペット用のお土産というのもあったりして。
南部煎餅にちなんだシャレの聞いた煎餅「わんぶ煎餅」「にゃんぶ煎餅」。
「飼い主さんもご一緒にどうぞ」と書かれていため、
人間が食べても楽しめるようですね?


B級グルメとして知られたせんべい汁もバリエーションいろいろ。
具入りスープも付いていて手軽に楽しめるようになっています。



「A-FACTORY」と「ワ・ラッセ」でもお菓子から海産物まで豊富。
ただ、一部の海産物は物流の関係で入らないなどあるようです。
「メイド・イン・青森」と「め~ど~(美味いよ~)」の
ダブルミーニングの「め~ど~ in 青森!」が合言葉。

カレーがわりといろいろ。
りんごカレーに、にんにくカレーに、大間のマグロカレー!
これは食べてみたい~!

最初はちょっと怪訝な顔をするかもしれない「昆布羊羹」。
食べているとだんだん昆布の味になってくるけど、
臭みなどはなくてやみつきになるかも。
同じ様なパッケージで爽やかな「カシス羊羹」もあります。

これは、三内丸山遺跡のゆるキャラ「さんまるくん」。
青森県内もとにかくゆるキャラが多い多い!



買い物したら「A-FACTORY」のカフェスペースで一休み。
青森シャモロックや陸奥産ホタテ~など地元の産物を使った
カレーやチャウダーなどが楽しめます。
こちらは青森産ホタテのチャウダー(Sサイズ)。
小さいけど気軽に楽しむ選択肢として良いかも。

お茶うけに買った1個63円(税込)の「えんやき」。
ちっちゃい大判焼きのようですが、もちもち感が抜群に良し。
一口サイズをついつい食べ過ぎちゃうかも。

弘前~に行くと、りんごも多いけど、桜関連も多い。
団子に饅頭、駄菓子、和菓子などなど。


宮城にも鳴子こけしがありますが、こちらにも黒石の津軽こけし。
津軽の漆器なども弘前公園内で見られます。
黒石温泉にはその工芸館があるそうですよ。

食べ歩きできたのはほんの一部ですが、食べ切れません~。
歩きながら感じたのはこの復興に向けるムードもあるでしょうけども、
お店のプッシュが半端ではないという印象です。

青森・弘前間だけではなく、新青森・青森間でも競っている空気が感じられ、
「何もないとこですよー」とあちらの出身の方が言うにも関わらず、
怒涛の如き元気というかもろもろ溢れているといった感じです。

お陰でこちらもわけの分からぬ元気が出てきます。
ありがとう!青森、弘前。

もちっとお付き合いください。
Loading