復興のため経済まわすぜ! 青森・弘前へ 青函連絡船八甲田丸2011年05月04日 23時17分06秒

かつて、青森と北海道を結ぶ海底トンネル、青函トンネルが無い時代。
人々は船で行き来し、船は青森と函館を結ぶ「青函連絡船」と呼ばれました。
1988年に連絡船は役目を終え、青森から最後に発った八甲田丸は、
現在はその歴史を伝える展示施設になっています。

■青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸公式ホームページ
 http://www7.ocn.ne.jp/~hakkouda/hakoindex.html

昔、連絡船の最終航行がニュースになったときはまだ小学生でした。
皆が別れを惜しんでいたのがなんとなくですが、思い出されます。

その八甲田丸は、ワ・ラッセからすぐ見えるところにあるので、
足を伸ばして行ってみました。僕は中に入るのはこれが初めてです。

八甲田丸前に、青函連絡船戦災の碑が建てられています。
第二次世界大戦中に米軍の爆撃によって連絡船が撃沈されており、
犠牲になった方々のご冥福を祈り平和への願いをこめられています。
この碑はまだ新しく2005年、戦災から60年目に建てられたということです。


戦災の碑の横に立つ、現在は記念碑になった可動橋・車両搬入口の跡地。
連絡船で往来していた頃は、ここから貨車を青森駅から搬入していたそうです。
重厚な外観が歴史の重みを感じさせますね。



連絡通路から見える、黄色と白が海に映える八甲田丸。
貨車を積み込んで運ぶくらいですからさすがという大きさです。
中は4階構造になっていて思っていたよりもかなりの見ごたえ。

2Fの受付スペースから入って、まずは3Fから。
展示室になっているこの階は、当時の乗客の服装や行商の道具、
意匠の鮮やかな時計やガラス工芸が展示されています。
歴代の連絡船のミニチュアや、資料写真も数多く展示されています。

説明によると1908年、初めての青函連絡船も就航当時、
4時間程度で渡ったそうで、当時の技術でも優秀な船だったそうです。
タービンという言葉が「速い」という意味で流行語にもなったそうですよ。


窓側のこのスペースは就航当時のグリーン船室客席の様子を、
天井の高さやシートもそのまま残しているそうで、実際に座ることができます。
座り心地は思っていたほど悪くありませんが、波で揺れたかもしれませんね。

寝台室には入れませんが、ビップルームっぽい雰囲気が伝わってきます。
いまや、はやぶさグランクラスの時代を観たらどう思うでしょうか。

船長室には、後ろ向きの船長のマネキンがあります。
誰もが一瞬、「人がいた!」と、驚くと思います。
入室はできないので、顔を覗き込むことも出来ないのですが・・・。
ちょっと、振り向くと顔が骸骨、というパターンに見えなくないですかね?
(↑そのパターンももう古いかも・・・)

4F。ああ憧れの操舵輪やコンパスが満載の操舵室。
思わず、面舵いっぱーい!ヨーソロー。
双眼鏡からは桟橋の方角を覗くことができます。

船の舳先の部分。丁度、鳥が止まっているのが見えますね。

1Fは、3F4Fとはうって変わってパイプや柵がひしめく薄暗いスペース。
ここは鉄道車両を搭載していたスペースだそうです。
現在は廃車になった車両が展示されています。
僕の中で「特急電車」と言えばこの車両なんですねー。
赤い羽の様なデザインとやや膨らんだ前部の形が良いです。

こちらはディーゼル機関車。これは凸型の形が良いのですが、
ちょっと柱や壁の影に隠れてよく見えないのが残念。

B1Fに降りると統括制御室、エンジンルームと発電室です。
いいなあ!このいかにも機械らしいメーターの数。松本零士みたい。


発電機と、1基1600馬力×8基というエンジンルーム。
こ、これ、こんなにあったらどれだけの音を出すのでしょうか。
現役時代はこれがうなりをあげて頑張っていたんですね。
想像して眺めているだけで圧巻ですねー。

ちょっとした機械のなかにもわくわくするものがあります。
連絡船と人々の歴史文化に触れるのみならず、
当時の誇るべき技術を振り返る意味でも良いところでした。
何より、生活の足に、旅行の行程に、経済活動の要にと、
乗った人達それぞれの思いがまだ籠もっている様に感じられます。

メモリーを未来に伝えるため、この八甲田丸が保存されますように。
これからも新しいメモリアルが生まれてきますよう願いを籠めて。

さあ、次はより経済を回すお土産行脚です!
Loading